書いて覚えると書いたら覚えられるは違う!

スタディサプリ/塾平均より年間24万円お得!? 月額980円(税抜)/テキスト代無料

Pocket
LINEで送る

 

家でも学校でも、そして塾でも、

「書いて覚えなさい!」

と言われるせいか、

『覚える=とにかくたくさん書く』

と考えている人がいます。

もちろん覚えるために書くことは大事です。
でも例えば、テレビを見ながらひたすら単語
を書き写すようなことを続けても、
少しも覚えることはできないわけですね。

仮にそこで覚えた気になったとしても、
そんな覚え方をしたものは、またすぐに
忘れてしまいます。

そうならないためにも、まずは

『書いたら覚えられる』

という間違った認識を捨てるところからはじめましょう。。

大事なのは

「覚えよう!」

と意識しながら書くことです。

そうじゃなければ、いくら書いても頭に入り
ませんし、時間の無駄にもなってしまいます。

・テレビを見ながら書く
・音楽やラジオを聴きながら書く

このような状態では、覚えようとする意識が
不足してしまいます。

書いたら覚えられると思っていてはダメ。
覚えようとする意識しながら書くことが大事。

このことをしっかり頭に入れておいてください。

■編集後記

今日訪問したとある鍼灸院の先生がこんな
ことをおっしゃっていました。

「スマホの触りすぎで、耳が聞こえなくなっ
たって人が、この前治療に来られたんです。」

「え、スマホの“触りすぎ”で耳が聞こえな
くなったんですか??」

と、思わず聞き返してしまったんですが、
詳しく聞いてみると

「なるほどな・・・」

という感じで、そこにはちゃんと納得できる
理由が存在していました。

スマホ依存症の人たちが増えてきている世の
中ですから、同じような状況になってしまう
人が、これからも多くなるかも知れませんね。

さて、なぜスマホの“触りすぎ”で耳が聞こ
えなくなってしまったのか?

この話の続きはまた明日したいと思います。
今日はちょっともったいぶってみました(笑)

それではまた明日!

 

※メルマガの雰囲気をそのまま味わってもらうため、勉強法だけでなく編集後記もそのまま掲載しています。そのためキャンペーン等は終了している場合もありますので ご了承ください。

 

chalkboard-152414_640

Pocket
LINEで送る

«
»


【同一カテゴリ関連記事】