定期テストで点を取る勉強法とは?



Pocket
LINEで送る

 

中学や高校で年に何回か行われる定期テスト。

 

中間テスト、期末テストと呼ばれることが多い

この定期テストですが、

模擬テストや入試と違って範囲が狭く

限られているにも関わらず思うように点数が取れない・・・

と嘆く人も多いようです。

 

また、小学生から中学生に進級したばかりの子たちも

はじめての定期テストでどのように勉強すれば点が取れるのか

わからないという声も聞きます。

 

ここからは定期テストで点を取るための勉強法について

お話をしていきたいと思いますが、

その前に、まず一つとても大事なお話をしたいと思います。

 

 

成績に伸び悩むA君とB君がいました。

二人は同級生で同じ部活に入っています。

 

前回の定期テストでは、二人とも5教科の平均点が

学年の平均よりはるかに低いところにいました。

 

そんな二人に、あるとき効果の高いと思われる

定期テストのための勉強方法を教えました。

 

そしてその後の定期テストの結果を比較してみると・・・

 

A君 → 5教科320点

B君 → 5教科198点

 

となっていました。

 

同じくらいの成績のところからスタートし、

同じ勉強方法をおそわった二人です。

 

どうしてこんなに差がついてしまったんだと思いますか??

 

もちろんこれは、実際に勉強したかしなかったかの違いです。

 

せっかく効果的な勉強を知ることができても、

それを行動に移せなければ意味がありませんよね。

 

ただし、その逆で、

勉強法を知らずして、長く勉強時間をかけても

効果が薄いというのも事実です。

 

テスト範囲が決まっている定期テストですから、

やり方さえ間違わず、且つ勉強時間をしっかりとれれば

誰でもある程度の点数は取れます。

 

ですから、定期テストで点数を取るためには、

 

1.効果的な勉強法を学ぶ

2.しっかり勉強時間を確保する

 

この2つが重要だということですね。

どちらが欠けてもいい点には結びつきません。

 

特に、

・がんばっているのに点数が伸びない人

・平均点をなかなか超えることができない人

 

は、1の効果的な勉強法を学ぶことから始めたほうが

いいかもしれません。

 

そのあたりについては、これからの記事に書いていきますので

楽しみにしておいてください。

 

 

 

Pocket
LINEで送る




【同一カテゴリ関連記事】


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ