高校受験リスニングの勉強法~聞き取れないからの脱出~

スタディサプリ/塾平均より年間24万円お得!? 月額980円(税抜)/テキスト代無料

Pocket
LINEで送る

 

今日は高校受験のリスニング問題で得点でき
るようになる勉強法の話をしたいと思います。

 

高校受験のリスニングができるようになるた
めに大事なのは、

 

1.基本単語の知識を増やしておく。
2.日ごろからのトレーニング。

 

この2つです。
ではここからは、この2点について解説を
していきますね。

 

1.基本単語の知識を増やしておく

 

リスニングのみならず、高校受験の英語で得
点しようと思うのであれば、単語の知識は絶
対に必要です。

 

なおリスニングで点を取るために特に必要な
のは基本的な単語の知識です。

 

基本的という基準が分かりにくいかも知れま
せんが、いわゆる中1レベルの単語の知識だ
と思ってください。

 

当然リスニングには中2や中3で学習した
単語も出題されます。

 

ただ、問題を解く上で“キー”になる単語は
中1レベル程度の基本的な単語が多いという
のが高校受験におけるリスニング問題の特徴です。

 

反対の言い方をすると、中1レベルの基本単
語すら頭に入っていないという状態でリスニ
ング問題を解けるようになろうというのは
難しいということですね。

 

ですから、まずはそういった基本的な単語を
しっかり身につけて欲しいと思います。

 

そんな単語の覚え方は、

 

絶対暗記の中学英単語!意味とスペルの覚え方(でもその前に?)

 

を参考にしてください。リスニングなので、
音(発音)を覚えることは特に大事です。

 

 

2.日ごろからのトレーニング

 

単語がある程度身についたならば(身につけ
ながら)しっかりトレーニングも行いましょう。

 

リスニングのトレーニングというと、ラジオ
講座を聞いたり、リスニング用のCDなどを
聞いたり、ということが一般的ではあります。

 

ただ実は、それ以上に、というか、それ以前
にしっかりやっておかなければならないトレ
ーニングというものが存在します。

 

それが、

 

音読

 

です。

 

聞くより、まず読む。これが大事なんです。

 

なぜかと言うと、

 

読めないものは聞けない。』

 

という大原則があるからです。特に英会話な
どに通わず“日本式”の英語勉強法でのみ
勉強してきている人ならなおさらですね。

 

まずは書かれた文章を読んで、読みながら
ある程度単語の意味や文章の意味が理解でき
るという状態になることが大切なんですね。

 

そうなれるようにするための日ごろのトレー
ニングとして最適なのが、先ほどお伝えした
『音読』です。

 

目で英文を見るだけでは意味がありません。
とにかく声に出して読むこと。

 

「じゃあ、どんなものを読めばいいのか?」

 

ということになりますが、リスニング対策用
の教材があるなら、そこに載っている文章で
も構わないですし、そういうものがなければ
中1や中2の教科書などでも構いません。

 

特に中1の教科書はスラスラ読めるようにな
っておいて欲しいですね。理由は上記でお伝
えしたとおりです。

 

これを1ヶ月も続ければ、それまで全くダメ
だったという人でも、ある程度は聞き取れる
ようになります。

 

 

音読の際のポイント

 

ここで、トレーニングとして音読を行う際の
ポイントについて2つほど挙げておきます。

 

まず1つ目は、読みながら意味も理解してい
くことです。

 

ただ読めればいいというだけではなくて、
当然意味も理解できなければなりません。

 

読めるようにはなったけど、意味はさっぱり
では効果は薄いですから、読みながらしっか
りと文章の意味も理解できるようにしてください。

 

そしてポイントの2つ目は、なるべく正しい
イントネーションを意識しながら読むという
ことです。

 

英語の単語にはアクセントの強いところが存
在するのと同じように、英文の中にも強く読
むところというのが存在します。

 

そういう強く読むという位置を意識しながら
読んでみるのも大切です。

 

基本的には『一番伝えたいところ』を強く
読むと考えておけば構いません。

 

「この文で一番伝えたいところ(単語)は
いったい何なんだろうか?」

 

それを意識しながら読めるだけでも大きく
変わります。

 

実際にどんなところを強く読めばいいかと
いうのは教科書やリスニング教材などにも
解説があるかと思いますので、それを参考に
してみるといいでしょう。

 

 

以上、今日は高校受験のリスニングの勉強法
についてお話をしてきました。

 

基本的な単語を覚えること。そして、音読を
すること。これがポイントでした。

 

こういうことをしながら、リスニング用の教
材を用いて実践してけば、どんどん力がつい
てくると思います。

 

がんばってラジオやCDを聞いているけど
伸びない・・・という人は是非参考にしてください。

 

<おすすめリスニング対策教材>

 

リスニングが苦手な人へ。
中1レベルから徐々にレベルを上げていける
のがいいですね。

 

 

★記事が少しでも参考になりましたら以下を
ワンクリックお願いします。 更新を続ける励みになります。


人気ブログランキングへ

 

*読むだけで”勉強力”がアップする無料の
メルマガ登録はこちら↓から!

http://katekyo.main.jp/s/mail/

 

*お子さんに定期テストで点を取って欲しい
なら”2つ“のことだけをやらせてください。

http://katekyo.main.jp/s/test/

 

Pocket
LINEで送る

«
»


【同一カテゴリ関連記事】