頭寒足熱の勉強法 ~眠くなるのを防ぐために~

スタディサプリ/塾平均より年間24万円お得!? 月額980円(税抜)/テキスト代無料

Pocket
LINEで送る

寒い季節になると暖房が欠かせなくな
ります。

ただ暖房の入った部屋で勉強している
と、頭がぼーっとしてしまったり、す
ぐに眠くなってしまったり・・・
そんな経験はありませんか?

 

今回はそんな人の為に、

頭寒足熱の効果』

というお話をします。

 

ちなみに「ずかんそくねつ」と読みま
す。

 

この言葉、学校や塾などで聞いたこと
があるという人もいるかと思いますが、
漢字を見れば分かるとおりで、頭部を
冷たく冷やし、足部を暖かくするとい
う意味です。

集中して勉強するには、この『頭寒足
熱』がお勧めです。

 

頭を暖めると、頭の外側の血管ばかり
に血が巡り肝心の脳は血流不足、つま
りボーっとした状態になりやすく、
眠気を誘う原因ともなります。

また、周辺の空気が乾燥すると喉も乾
きやすくなります。

ですから寒い時期に暖房をつけたとし
ても、頭部に直接温風があたるような
ものは避けた方がいいわけです。

空気が乾燥することなども考えると、
理想的なのは厚着をして、暖房を使わ
ないこと。

ただ、それだと寒くて・・・という場
合は、足元だけ暖めるような暖房器具
を使うというのがいいでしょう。

 

暖房の入った部屋で勉強すると

すぐにうとうとしてしまう・・・

という人は是非実践してみてください。

 

そして実は、この『頭寒足熱』には、
勉強に集中できるということのほかにも
優れた効用があります。

 

『頭寒足熱』はもともと、勉強のため
のものではなく健康であるための考え
方として広まりました。

ですから、風邪を引きやすくなる冬の
季節にとっては健康維持という側面で
も効果があるということです。

 

具体的に『頭寒足熱』を実践する方法
としては直接足元を暖めるほかにも、

・シャワーではなく湯船につかる。
・適度な運動をする。
→特に足を動かす運動。

などがあります。

 

反対に、

・足を組んで勉強する。

ことは、足元の血行を悪くし、逆効果
となります。

なおこのような具体例については、
湯島清水坂クリニックさんのHPが
非常に参考になりますので是非ご覧く
ださい。

(※HPはこちら
寒い冬に勉強する際は、今回ご紹介し
た『頭寒足熱』をしっかり実践してみ
てください。

 

★今回の記事はいかがだったでしょう
か?ぜひ投票クリックお願いします!

「参考になった!」
http://katekyo.main.jp/s/wp1/

「ふ つ う」
http://katekyo.main.jp/s/wp2/

「あまり参考にならなかった…」
http://katekyo.main.jp/s/wp3/

(※ランキングページに飛びます。)

追伸:

学校では教えてくれない勉強法満載の
メルマガはこちら↓から登録できます
http://katekyo.main.jp/s/mer/

定期テストで点を取る勉強法を
今すぐ知りたい!
そう思う人はこちら↓をチェック!
http://katekyo.main.jp/s/teiki-test/

 

 

Pocket
LINEで送る

«
»


【同一カテゴリ関連記事】