中学英語の勉強法~点数アップの4STEP~



Pocket
LINEで送る

今回から中学英語の勉強法についてお話していきたいと思います。
(※英語が苦手な高校生にも参考になると思います。)

 

中学英語の勉強法と一口に言っても、

 

「定期テストに向けての勉強法」

「高校受験に向けての勉強法」

 

で少し違う部分もあるのですが、ここではまず、

 

定期テストに向けての勉強法

 

についてお話をしていくことにします。
(※高校受験に向けてはまた改めて書きます。)

 

定期テストに向けた英語の勉強をする上で
ポイントとなるのは、

1.単語
2.文法
3.長文(教科書本文)

などですね。

テスト範囲に関して上記それぞれが
しっかり勉強できていれば、
おそらくとてもよい点を取ることができるはずです。

 

もし今、英語のテストで点が取れないと悩んでいる人が
いるのであれば、
そのうちのどれか、もしくは全て(?)において
正しく勉強できていない可能性があります。

今回の記事では、定期テストに向けた
英語の勉強の流れを4つのSTEPに分けて
解説していきます。

 

STEP1:単語を暗記する!

当たり前中の当たり前ですが、
単語を覚えないことには始まりません。

ほとんどの学校の定期テストでは、単語だけの問題も
出題されているかと思います。

ですから、単語を覚えているだけでも
何点かは得点できるということですね。

逆に覚えていないと点にならないわけですから、
非常にもったいないということになります。

 

そんな単語ですが、覚えなければならないのは、

(1)意味
(2)スペル(つづり)
(3)発音

の3つです。

1つの単語につき、この3つをセットで覚えないといけない
ということです。

 

例えば、

‘beautiful’

という単語。

意味は言えるけど、
スペルは書けない。
発音は「ベーテ・・・フリ?」

とかではダメだということですね。

先ほど挙げた3つ全てをきちんと覚えてこそ
その単語を暗記したことになるわけです。

こういった単語の覚え方については
次回の記事で詳しくお話をしたいと思います。

 

STEP2:新出文法をマスターする!

単語の暗記と合わせて、
テスト範囲内の新出文法をマスターする必要もあります。

新出文法に関しては、

どういう英語のとき、どういう日本語になるか?」

という、

(1)英語の形
(2)日本語の意味

の2つをしっかり理解して覚えましょう。

またこれらに合わせて、その文法の

項目名

も覚えておくと便利です。

項目名とは、

「be動詞」
「現在進行形」
「不定詞」

など、その文法につけられている名前のことです。

これらの呼び名を知っておくことで、
学校や塾の先生が言っている話が分かりやすくなったり、
問題集の解説の意味が理解しやすくなったりします。

新出文法の勉強法については、
次々回の記事で書きますので、そちらを参考にしてください。

 

STEP3:教科書本文を覚える!

単語と文法を勉強できたら、
テスト範囲内の教科書本文も覚えておかなければ
なりません。

教科書本文を覚える際には、

(1)英文を日本語訳に
(2)日本語訳から英文に

と、書き換えができるようになれることが
のぞましいです。

テストで高得点を狙う人であれば
(2)まで完璧にしておかなければなりません。

単語と文法はある程度勉強していても、
本文の暗記までは・・・という人も多いので、
これをやるかやらないかで差がつくところでもあります。

またしっかり(2)までやっておくと、
テスト内に「英作文」が出されたときにも
役立ちますね。

定期テストに出題される英作文は、
教科書の本文内容や、新出文法に関するものが
中心となりますから、
ここでも大きく差がつくことになります。

ただ、長い長文を覚えていくのは大変ですよね。
実はこれにもコツがありますので、
今後の記事の中で紹介していければと思います。

 

STEP4:準拠問題集を解く。

テスト範囲内の単語、文法、教科書本文が勉強できたら、
最後に問題を解いて確認しておきましょう。

問題として使うのは、

教科書準拠

の問題集にしてください。

教科書準拠とは、学校で使っている教科書に
ぴったり合っている問題集のことです。

ニューホライズンを使っている人なら
ニューホライズンの準拠問題集。

サンシャインを使っている人なら
サンシャインの準拠問題集を選んでください。

これを間違えてしまうと全く意味がありませんので
注意が必要です。

そして準拠問題集を解いて間違えた問題や、
忘れてしまっていたところは、
再度教科書を見直して覚えなおしましょう。

ここまでしっかりやるのがテスト勉強です。

 

———————————————————

以上、4つのSTEPに分けて中学英語の勉強の流れについて
お話をしてきました。

このような流れで勉強を進めることで、
定期テストで点が取れるようになるはずです。

今回は全体的な勉強の流れについてのみお話しました。
次回から各STEPごとの細かい勉強法について
解説をしていきたいと思いますので、
そちらも是非参考にしてください。

 

★今回の記事はいかがだったでしょうか?
ぜひ投票クリックお願いします!

ブログランキング

 

 

 

追伸:

学校では教えてくれない勉強法満載の
メルマガはこちら↓から登録できます
http://katekyo.main.jp/s/mer/

 

定期テストで点を取る勉強法を
今すぐ知りたい!
そう思う人はこちら↓をチェック!
http://katekyo.main.jp/s/teiki-test/

 

 

 

Pocket
LINEで送る




【同一カテゴリ関連記事】


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ