定期テストで点を取るためには何を勉強するのがよいか?



Pocket
LINEで送る

 

さて、今回からは前回お伝えした定期テストの

学習計画に大切な3要素の中身について詳しく

触れていきたいと思います。

 

↓前回記事

定期テストの学習計画に大切な3要素

 

 

まず今回は一つ目の要素である

 

【勉強するもの】

 

についてです。

 

そもそも勉強するものが間違った計画であれば

当然テストで点を取ることはできません。

 

こういう話をすると、

 

「勉強するものを間違える人なんているの??」

 

ということを言う人がいます。

 

ただそういう人ほど、

『テスト範囲』

『テストに出題されるもの』

の違いに気づけていない可能性があるので要注意です。

 

例えば、

テスト前になってテスト範囲がわかると、

その範囲に該当するところを市販されている問題集で

問題を解いている、という人もいるかと思います。

 

では、あなたがいつも解いているその問題集から

テストにはどれくらいの割合が出題されていますか?

 

80%くらい?

50%くらい?

20%くらい?

それ以下・・・??

 

もしここでのパーセンテージが低いようなら

【勉強するもの】

を間違えてしまっているかも知れません。

 

出題率の低いものを、いくらがんばって勉強しても

点数につながらないのはわかりますよね?

 

 

テストで点を取る勉強とは、

ただ単に『テスト範囲』に該当するところを勉強するということ

ではありません。

 

きちんと『テストにでるもの』を勉強しないと

十分な効果が期待できないということになります。

 

それを意識して、勉強できているかどうか?

ここでとても大きな差がついてしまうというわけです。

 

あなたは

【勉強するもの】

を間違っていませんか??

 

じゃあ正しく勉強するものを知るにはどうすればいいか?

これについて次回お話したいと思います。

 

↓テストで点を取りたい人におすすめの教材です。

学校では画像

学校では教えてくれない勉強法
~定期テスト完全対策マニュアル~

 

 

Pocket
LINEで送る

«
»


【同一カテゴリ関連記事】


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ