すっきり眠って、すっきり目覚める方法



Pocket
LINEで送る

 

今日はすっきり眠って、すっきり目覚める方法という話をします。

 

「勉強時間が足りない!」

 

という人の多くは、

なんとか睡眠時間を削って勉強しようとがんばるわけですが、

ただ、夜遅くまで勉強するのは、 記憶力が低下する原因になってしまうので、

あまりオススメはしていません。

 

※その理由はこちらの記事に↓

暗記をするなら夜がいいというのは本当か?

 

 

ですから、理想的には 夜早く眠って、

朝早く起きて勉強するのがいいわけですが、

 

「朝は苦手で・・・」

 

と悩む人も多いですね。

 

 

実際、朝早くおきるためには、

前日の夜にすっきりと眠る必要があります。

 

すっきり眠るためには、

まず眠れなくなる原因を断たなければなりません。

 

 

そのうちの1つが、 「夜食」 です。

 

遅い時間に食事をしてしまうと、

それを消化するために胃が動いているので、眠りが浅くなりがちです。

 

実際には眠ったつもりになっても、

十分な眠りを得られていないってことになるんですね。

そうなると当然朝は眠くて目が覚めにくくなります。

 

 

また眠れなくなる原因の2つ目は 「スマホ」 です。

 

スマホだけではないのですが、 PCや携帯ゲーム機など、

画面の明るいものを寝る前に眺めていると 目が冴えてしまうことがあります。

 

これは強い光に覚醒(=目覚め)効果があるためで、

眠る前に強い光を見つめるというのはNGですね。

 

このように眠れなくなる原因を断つことで、

ある程度はすっきり眠れる状態を作ることができます。

 

そして、続いてすっきり目覚める方法ですが、

昔からよく言われているのが 「朝日を浴びる」 という方法ですね。

 

ベッドをなるべく朝日が当たる窓際に置いて、

朝の光が自然と入ってくるという状態にできるのがBESTです。

 

こうすることで、 カラダが光を浴びて自然と目が覚めやすくなるんですね。

 

ただそうはいっても、 自分の部屋には朝日は入ってこないとか、

ベッドを窓際に置くのは難しいというケースもあるかと思います。

 

そういう場合は、

朝日効果と同じ効果が期待できる 目覚まし時計を使ってみるのもいいですね。

 

最近、テレビでも話題になり、

楽天ランキングでも1位に輝いているその目覚ましとはコレ↓です。

 

mezamasi

 

音の目覚ましと違うのは、 とにかく目覚めがすっきりだということです。

 

大量の音量で目を覚ます目覚ましは 起きるときが非常に不快ですよね。

実はそれは体(脳)が起きる状態になっていないのを

無理やり起こそうとしているからなんです。

 

これに対して光の目覚ましは

目が覚めやすい状態を自然に作り出してくれるので

すっきりと目を覚ますことができるんですね。

 

もし、朝起きるのが辛いという人は試してみてはどうでしょうか?

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

81%の人が朝が楽になったと回答した光目 覚ましinti(インティ)

 

 

まとめると、 夜にすっきり眠るためには、夜食や寝る前のスマホを避け、

そして、翌朝すっきり起きたいなら朝日をうまく利用するという話でした。

 

もし朝日が難しいなら、

最新の光目覚ましを使という方法もあるということでしたね。

 

ぜひ参考にしてください。

 

Pocket
LINEで送る




【同一カテゴリ関連記事】


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ