【解決法】勉強したくないし、苦手な数学はやる気がしない・・・



Pocket
LINEで送る

 

いろいろな勉強の悩みに対して解決策を
回答していくコーナーです。

 

今回は勉強のやる気、モチベーションが上が
らないという受験生の悩みです。

 

勉強したくなくて困っています。
受験生なのに。苦手意識が高い数学なんか、
全くやる気がしません。

溜まった進研ゼミやらなきゃ、
でもやる気出ないし。

苦手を潰さなきゃ、ああでも何すればいいん
だろう…とにかく焦ってしまいます。

もう、つらいです。
でも、それじゃいけませんよね。
勉強のモチベーションを絶対にあげられる
という方法を教えてください。

出典:http://chiebukuro.yahoo.co.jp/

 

 

<回答>

 

やる気やモチベーションの話に関しては、
多くの人が抱える問題ですよね。

 

特に質問者さんのように、何かの科目に
苦手意識がある場合、それに取り組むやる気
というのは出にくいものです。

 

今回はそういう苦手科目に対して取り組もう
という気持ちを出すための方法について
お話をしたいと思います。

 

結論から先に言ってしまうと、
苦手科目に取り組もうと思うのであれば、
その苦手が克服できる方法を誰かに聞いたり
ネットで検索してみるのが一番手っ取り早い方法です。

 

苦手なことを「やりたくない」と思うのは
いたって普通の心理です。それは大人だって同じ。

 

苦手だし、できることならやりたくない、
誰もがそう思います。

 

そうやって苦手でやりたくないと思っている
人の心の中には、苦手を克服できるイメージ
が浮かんでいません。

 

そして、苦手なものに向かうことによる嫌な
イメージだけが心の中にあります。

 

実はそのように「嫌なイメージ」を心の中に
持ってしまっていることが、
行動に歯止めをかけている一番の原因になっているわけです。

 

苦手なものに取り組もうと思えるためには、
そういう「嫌なイメージ」を少しでも取り除
いてあげる必要があります。

 

 

そういう場合に利用したいのが、

 

「こうやったら克服できるよ」

 

と言ったアドバイスや、

 

「実際にこうやって克服できた!」

 

といった体験談などです。

 

それを先ほど言ったように、誰かに聞いたり
ネットで調べたりする方法で入手します。

 

そういう「成功事例」を見たり、聞いたりす
ることで、自分の中に、

 

「そうか、こうやれば克服できるのか!」
「これなら自分にもやれそうだな!」

 

と、良いイメージを持てるようになることが
大切なんですね。

 

少しでも良いイメージが持て、
克服できそうな気持ちになることができれば
じゃあやってみようかなという意識にもつながっていきます。

 

ですから、
苦手に取り組むやる気が出ないという場合は
そういう苦手を克服できる良いイメージ作り
のための情報収集に少しばかりの時間を割いてみてください。

 

苦手だからと止まっていたら、一生苦手は克服できません。

 

苦手科目に直接取り組む行動意欲が沸かない
のであれば、
まずは気軽にそういう情報収集をするという
行動に出てみてください。

 

いろんな情報が手に入れば、
思いのほかやる気にもつながると思います。

 

受験生であればなおさら、
わずかな時間でも惜しいですよね。

 

立ち止まってじーっと考えているよりも、
そうやって少しでも行動しましょう。

 

 

質問文には、

 

>溜まった進研ゼミやらなきゃ

 

という一行も出てきていますが、

 

これも同じように、そう思っているだけ
では前に進みません。

 

他の人たちはどうやってその溜まった進研
ゼミを消化しているのか?

 

そういう情報を知ることで、自分にもできそ
うな気持ちになれる場合もあります。

 

敢えて今回の質問に関しては、具体的な回答
案を示しませんでしたが、今回お伝えしたような

 

「答えを探すという行動」

 

これは勉強が出来るようになるためには
絶対に必要となる行動です。

 

是非自分で、自分の悩みに対する答えを
探す行動をしてみてください。

 

その行動こそが、最終的には、
勉強のやる気やモチベーションにもつながっていきますから。

 

 

★記事が参考になりましたらクリックお願いします。更新を続ける励みになります。
2

merumaga2

Pocket
LINEで送る

«
»


【同一カテゴリ関連記事】


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ