勉強の目標を達成するために(1) ~期限の設定~

スタディサプリ/塾平均より年間24万円お得!? 月額980円(税抜)/テキスト代無料

Pocket
LINEで送る

 

前回の記事では『達成したい』目標に
するべきだというお話をしました。

 

今回は、そんな『達成したい』目標を
実際に『達成できる』目標にするため
の目標の立て方についてお話をしたい
と思います。

自分にとって達成したい目標ができた
とします。

次に考えなければならいのが、

『期限』

です。

 

つまり、

「いつまでにその目標を達成
したいのか?」

ということですね。

 

一生をかけて・・・という人じゃない
限りは、立てた目標に達成したい期限
があるはずです。それを明確にしてく
ださい。

 

例えば、定期テストで何点とりたいと
いう目標であれば、それはいつの定期
テストなのか?

次の定期テストなのか?学年最後の定
期テストなのか?

 

また受験で志望校に合格ということで
あれば、受験日もしくは合格発表日が
その期限になるかも知れません。

英検などの資格関係でも同じですね。

 

ただ、そういうテストに関する目標で
あれば、割と期限が決めやすいのです
が、それ以外の目標である場合は、
しっかりと自分で考える必要も出てき
ます。

 

例えば、

「英単語を100個覚える!」

という目標を立てた場合。

このままでは、いつまでに目標達成を
するつもりなのかが分かりません。

1週間後?2週間後?1ヶ月後?
それとも1年後・・・??

どこに目標達成の期限を定めるかに
よって、そこに向かうペースも異なっ
てきます。

 

1週間後なら単純計算で最低でも1日
に15個程度は覚えないといけない。

2週間後なら1日7~8個程度。

1ヶ月後なら1日3~4個程度。

1年後なら・・・となってくるわけで
す。

 

もし期限が決まっていない状態にして
しまうと、このようなペース配分が全
く見えないものになってしまいます。

そうなると、思ったように勉強も進ま
ず、結果的に目標達成ができずに終わ
ってしまうのです。

 

達成したいと思う目標を立てたら、
その目標を達成する期限、つまり締め
切りをしっかり決めましょうというの
が今日のお話でした。

次回、より確実に目標達成に向かうた
めのお話をしたいと思います。

 

★記事が少しでも参考になりましたら
1クリックお願いします!

教育・学校 ブログランキングへ

Pocket
LINEで送る

«
»


【同一カテゴリ関連記事】