高校受験の勉強法(8)受験直前・冬休みの勉強法



Pocket
LINEで送る

 

今日は受験が迫った冬休みに、中3受験生は
どんな勉強をするべきかという話をしたいと思います。

 

冬休みの勉強の目的とやるべきこと

 

受験まで残りわずかとなった冬。受験に向け
た勉強でやるべきは、

 

「1点でも多く、本番で得点できるようになること」

 

です。冬の勉強の目的はこれに尽きます。
そのために必要なことを勉強するんだと、ま
ずはしっかり意識することが必要です。

 

では具体的にはどういうことを勉強すればよ
いかということになるんですが、勉強する内
容を決めるために使うのが、

 

『過去問』

 

です。

 

ここでよく誤解があるので解説しておきます。

 

高校受験の勉強法(5)効果的な過去問の使い方

 

の中でもお話しましたが、過去問を解く目的は、

 

「過去問を解けるようにすること」

 

ではなくて、

 

「入試本番で点が取れるようにすること」

 

です。

 

まず、この違いわかっていますか?

 

多くの人は過去問を使って勉強するときに、

 

過去問を解く。
  ↓
答え合わせをして、解説を読む。
  ↓
間違えた問題を解き直す。

 

こんな流れでやると思います。でも、このよ
うな勉強のやり方では、

 

「過去問を解けるようにすること」

 

という目的しか果たしていません。結局、最
終目的である、

 

「入試本番で点が取れるようにすること」

 

につながってないんですね。

 

じゃあどうすればいいかということなんです
が、ここで大切になるのが、

 

『答案の自己分析』

 

です。

 

自分が解いた過去問の答案を見返して、それ
を分析してみるんですね。

 

分析のポイントは3つあります。

 

1.間違え箇所と間違えた原因
2.再度出題される可能性
3.克服のために必要な勉強内容

 

ちょっと言葉が難しいので、それぞれについ
て解説を加えますね。

 

1.間違え箇所と間違えた原因

 

これはまあそのまんまですが、どんな問題で
間違えて、そこをなぜ間違えたのかという原
因を探るということです。

 

例えば、

 

・単語を書く問題で間違い。
→スペルを正しく覚えられていない。

 

・二次関数の問題で間違い。
→一次関数との接点の求め方が理解できていない。

 

などですね。

 

ここでは簡単に書きましたが、この原因を探
るというのがとても大事ですので、意識して
ください。

 

 

2.再度出題される可能性

 

続けては、その間違えた問題と同じような傾
向の問題や、同じ範囲の問題が、入試本番で
も出されそうかどうかを探ります。

 

これについては過去問集の最初あたりについ
ている『傾向と対策』というようなところを
参考にすればいいかと思います。

 

そして、それを参考に対策の優先順位を決め
ます。

 

優先順位を決める基準は、

 

1.出題頻度が高い
2.得点配分が高い

 

という2つです。このどちらも高いものは、
圧倒的に優先順位が高くなります。

 

ただし・・・

 

優先順位は高いけれど、問題の難易度も高い
という問題の場合は、狙う学校のレベルや、
自身の学力を考慮して、敢て外していくと
いう戦略もありです。

 

出題頻度や得点配分ばかりを気にした勉強は
時として、自分に合わない可能性もあります
ので注意が必要です。

 

 

3.克服のために必要な勉強内容

 

上記の通り優先順位がつけれたら、それらを
何(参考書、問題集)を使って、またどのよ
うに克服していくかを決めます。

 

残された日数なども加味しながら、出来る限
り時間をかけず克服できるものを選択するの
がベストです。

 

例えばある単元が丸々苦手だと分かった場合
でも、この時期から基本も応用も全て学習し
直すというのはかなりきつくなります。

 

例えばそのような場合であれば、とりあえず
基本問題だけは解けるようにする、など工夫
をするということですね。

 

そしてそうやって決めたこの内容こそが、冬
休み中に自分自身が勉強すべき内容というこ
とになるわけですね。

 

 

以上、過去問を解いた後の答案分析のポイン
トをお話しました。

 

冬休み以降、受験までの限られた時間内で
効率よく勉強をすすめるためには、このよう
な分析による、勉強内容の優先順位付けが欠
かせません。

 

ここを怠ると、先ほど書いたとおり、単に過
去問をダラダラ解いていくだけの勉強となり
全く力はつかないんですね。

 

ですから、この3ステップの分析作業は必ず
行うようにしてください。

 

 

分析の手間を省く方法

 

冬以降の勉強を効率よく進めるには、分析が
欠かせない、と話をしました。

 

そしてその重要性については、ここまで読ん
でいただけたなら十分に理解してもらえたと
思います。

 

ただ、こう思った人もいるはずです。

 

「そんなこと、子ども1人でできるだろうか?」

 

と。

 

実際にやりなさいと言ってやれる子もいると
思いますが、経験上、大半の子は、分析途中
で疲れてしまいます。

 

そもそも、そんなことに時間を割くくらいな
ら、一問でも多く問題を解くほうがいいとい
う考えも出てきますね。

 

かと言って、親も時間を取るのは難しいし、
勉強の中身はよくわからない。

 

「じゃあ、塾に頼む??」

 

と考えてみても、さすがにそこまでは頼めな
いということがほとんどではないでしょうか。

 

そんな中で、私がこの時期におすすめしてい
るある方法があります。

 

その方法とは『分析代行』です。

 

お子さんや親御さんが分析を行う代わりに、
他の人に分析を頼むんですね。

 

そしてその頼む相手として最適なのが、

 

『家庭教師』

 

です。

 

この家庭教師を冬の間の短期間だけお願いするのです。

 

そして、先ほどお話した当然分析を代わりに
やってもらいます。そしてそれを元に、勉強
すべき内容も決めてもらいます。

 

そしてそれを勉強し、わからなければ教えて
もらうという流れで冬の勉強をすすめていきます。

 

こうすることで、本当の意味でのお子さん
オリジナルの受験合格カリキュラムに沿った
勉強ができるということになるんですね。

 

この短期家庭教師ですが、できれば塾通いを
されている方も、この期間だけは併用された
方がいいと思います。

 

というのも、塾はやっぱり塾のカリキュラム
で進んでしまうからです。

 

それは個別指導塾でも同じ。個別に指導はし
てくれますが、そこまで子どもの状況を分析
したカリキュラムでやってくれるところは
そう多くはないはずです。

 

だからこそ、合格のための最後の追い込みと
して、塾と家庭教師の併用をおすすめします。

 

そもそもですが、この時期になると親御さんは

 

「もう直前だし、塾に任せるしかない。」

 

そう思うことが多いと思います。

 

ただ、これは実は危険です。

 

なぜなら上記のとおり、それがお子さんに
適した指導であるとは限らないからです。

 

冬休み以降は、どの塾も過去問を使用します。
もしくは過去問の類題を演習するところ
もあるでしょう。

 

でもそうやって解く問題を、お子さんの
現状に合わせてセレクトしてくれる塾は
そうそうありません。

 

下手すると、ダラダラ1時間過去問を解か
せるだけの塾もあります。

 

そんなことをしても実力がつかない・・・

 

というのは、もはや言うまでもありませんね。

 

ですから、冬からの時期と言うのは塾に
頼りすぎるのは危険なんです。

 

必要なことをきちんと勉強するために、
先ほどからお伝えしている答案の自己分析を
必ず行ってください。

 

本人や親御さんの手に負えないなら、ぜひ
家庭教師を利用してください。

 

ただ、

 

「じゃあ、どんな家庭教師を選べばいいの?」

 

ってなるかと思いますが、個人的には、

 

『料金は安いけど、運営団体はしっかりしている』

 

という基準で選べばいいと思います。

 

いくつか調べてみた感触では、

 

家庭教師のあすなろ!(東京・神奈川・千葉・埼玉)

家庭教師のデスクスタイル(関西・東海・四国・北信越・中国・九州)

 

あたりが良さそうです。

 

ただ、家庭教師を決める際に絶対にやって
おいて欲しいのは

 

無料体験授業

 

です。資料だけでの判断は厳しいと思います
ので、必ず一度無料体験に申し込み、且つ、
今回お話したような過去問の分析をやってく
れるかどうかを確認してみてください。
(※やってくれなければ頼む意味がありませんからね。)

 

なお、現在以下のサイトでは、家庭教師の
無料体験授業を受けるともれなくアマゾンの
ギフト券が貰えるキャンペーンを開催してい
ますので中3受験生のみなさんには是非利用
して欲しいと思います。

 

⇒ 家庭教師の無料体験キャンペーン

 

以上、今回は、冬休み中の勉強に関する目的
とやる内容について触れ、そこでは短期で家
庭教師を利用するのが効率的ですよという話
をしました。

 

「あのときやっておけばよかった・・・」

 

と後悔のないように、出来ることは全て
やって、本番を迎えられるようにしましょう。

 

以上、是非参考にしてみてください。

 

p.s

塾へ行かずに冬から逆転したいという人、
また塾へ行っているけど効果が薄いという
人はこちらが最適です。

あと35日で逆転合格するプログラム

 

 

★記事が少しでも参考になりましたら以下を
ワンクリックお願いします。 更新を続ける励みになります。


人気ブログランキングへ

 

*読むだけで”勉強力”がアップする無料の
メルマガ登録はこちら↓から!

http://katekyo.main.jp/s/mail/

 

*お子さんに定期テストで点を取って欲しい
なら”2つ“のことだけをやらせてください。

http://katekyo.main.jp/s/test/

 

Pocket
LINEで送る




【同一カテゴリ関連記事】


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ