書く回数より、覚えられたかどうかが大事



Pocket
LINEで送る

 

「何回くらい書いたら覚えられますか?」

という質問をときどき受けます。

こんな質問を受けたときには必ず、

「それは覚えられるまでだよ。」

と返すようにしています。

当たり前ではありますが、何回書けば確実に
覚えられるかという数字に答えはありません。

答えがないのは、その人によって、何回書け
ば覚えられるかが異なるからです。

10回書いて覚えられる人もいれば、100
回書かなければ覚えられないという人もいます。

また同じ人が覚えるにしても、そのときの
状況や覚えるものによって、必要な書く回数
は変わってきてしまいます。

ですから、何かを書いて覚えるときには、
書く回数にこだわらず、

『覚えるまで書く!』

ということを心がけなければならないわけですね。

もちろん前回お話したとおり、ただダラダラ
と書きつづけても覚えることはできません。

しっかり覚えようと意識をしながら、覚えら
れるまで確認をしつつ書くことが大事です。

これまで書く回数にばかりこだわっていた人
はその点を意識してくださいね。

 

■編集後記

昨日の続きです。

スマホの触りすぎで耳が聞こえなくなったと
いう話でしたね。

実はその原因は

『首筋と肩のコリ』

だったようです。

スマホをずっと片手で触っていると、思って
いる以上に首筋や肩に負担をかけることに
なってしまいます。

そうすると、そこの血流が悪くなって、耳ま
でうまく血液が通らなくなってしまうんですね。

その結果耳が聞こえなくなってしまうという
わけです。

「そんなバカな。」

と思うかも知れませんが、これは実際にあっ
たことですから、スマホだけでなく、パソコ
ンが大好きという人も要注意ですよ。

首筋や肩がこったなと感じ始めたら、次は
耳に異常がでてくるかも知れませんので気を
つけておいてくださいね。

それではまた明日!

 

※メルマガの雰囲気をそのまま味わってもらうため、勉強法だけでなく編集後記もそのまま掲載しています。そのためキャンペーン等は終了している場合もありますので ご了承ください。

 

chalkboard-152414_640

Pocket
LINEで送る




【同一カテゴリ関連記事】


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ