暗記力がないから覚えられないというのは間違い



Pocket
LINEで送る

 

「自分には暗記力がなくて、なかなか覚え
られないんです。」

という人がいます。

ただ、覚えられないのは、本当に暗記力が
ないことが原因なのでしょうか?

実は、こう言っている人の多くは、自分に
暗記力がないと思い込んでいるだけなんです。

そもそもですが、

「なかなか覚えられない」

なんていうのは当たり前です。

人間はコンピューターではありませんから、
よっぽどじゃない限りは何度も繰り返し覚え
なければ覚えることはできません。

それなのに、2,3回見たり書いたりしたく
らいで覚えられないとか、覚えてもすぐ忘れ
るから、自分には暗記力がないと考えるのは
単なる“思い込み”なんですね。

そしてそういう思い込みのせいで、

暗記が苦手だという思い込み
  ↓
努力を怠る
  ↓
結果的に覚えられない
  ↓
やっぱり暗記は苦手だと思う
  ↓
以下繰り返し・・・

となり、どんどん覚えられなくなってしまいます。

覚え方がまずいという理由もあるかもしれま
んが、結果的に覚えられないのはやはり努力
不足のせいです。

覚えられないと思っているから、覚える努力
が足りなくなってしまうんですね。

暗記力がないというのは単なる思い込みで、
あなたの努力が足りていないだけです。

人間は誰でも努力しなければ覚えられない
生き物ですから。

前回の記事に書いたように、

『覚えられるまで書く!』

これくらいの気持ちで努力していきましょう。

■編集後記

昨日は某テレビ番組で有名になったコロッケ
店に“ウワサの”コロッケを買いに出かけました。

駅から歩いて20分くらいのところにある
お店の前に到着すると、

『本日はコロッケ売り切れました』

の札が・・・。

わざわざやってきたのに非常に残念。

コロッケって売り切れることあるんだと思いつつ、

「コロッケが売り切れることなんてない」

と勝手に思い込んでいたことを深く反省しました。

今回のテーマの暗記力のこともそうですが、
何事も思い込みはよくありませんね。

というわけでまた明日!

 

※メルマガの雰囲気をそのまま味わってもらうため、勉強法だけでなく編集後記もそのまま掲載しています。そのためキャンペーン等は終了している場合もありますので ご了承ください。

 

chalkboard-152414_640

Pocket
LINEで送る




【同一カテゴリ関連記事】


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ