書かずに覚える暗記法~何回書いても覚えられない人へ~



Pocket
LINEで送る

 

単語や漢字などを暗記する場合に、多くの人
は『書いて覚える』と思います。

 

その方が覚えやすいという人もいれば、そう
するようにと親御さんや先生に言われるから
という人もいることでしょう。

 

ただ、

 

「書いて覚える」と「書いたら覚えられる」の違い

 

という記事でも話したとおり、書けば覚えら
れるかと言えば、そうとも限りません。

 

反対の言い方をすれば、書かなくても覚えら
れればそれでいいわけですよね。

 

今回はそんな視点で、書かずに覚えるには
どうすればいいか?そのコツについて話を
していきたいと思います。

 

 

書かない暗記法

 

書かずに覚えるためのコツを知るためには、
まず記憶にまつわる”脳”の仕組みを知ってお
く必要があります。

 

これについては、

 

忘れる脳、忘れない脳。~記憶の仕組み~

 

という記事に細かく書いているのですが、
とにかく覚えたいものがあれば、

 

1.インパクトを持たせること
2.繰り返すこと

 

が重要になります。

 

このうちの1は、とにかく頭に深く刻み込む
ということ、そして2の方は、忘れないよう
にするために必要なポイントです。

 

これからしっかりできるなら、別に書く必要
はありません。

 

書いて覚えようとすると、書いたということ
で満足してしまって、まったく覚えられてな
いという人が出てきます。

 

そういう人は、今からお伝えする暗記法の
方が頭に残りやすいかも知れませんので、
ぜひ試してみて欲しいと思います。

 

 

書かずに覚える手順

 

ではここから、書かずに覚える手順について
解説をします。

 

この手順には大きくわけて3ステップがあり
ます。

 

その3ステップとは、

 

1st:素早く何度も目を通す。
2nd:隠しながら目を通す。
3rd:テストしてみる。

 

というものです。

 

1st:素早く何度も目を通す。

 

まず1stステップ。

これはとにかく繰り返し目で見て、覚えるも
のを頭に焼き付けるというステップです。

 

具体的には、

 

1.覚えるものを決める。
2.それに一通りさっと目を通す。
3.続けてもう一度目を通す。
4.次は、声に出しながら目を通す。
5.続けてもう一度声を出しながら。
6.声を出さずに再び目を通す。

 

こんな感じの流れになります。ここでのポイ
ントは、必要以上に「覚えなきゃ!」と力を
入れすぎないこと。なるべくリラックスした
状態で、素早く覚えるものを目で見ていくと
いうイメージですね。

 

声を出したり、出さなかったりとありますが
これは実際に試してみて、どちらの方が頭に
残りやすいかで判断すればいいと思います。

 

基本的には、声に出す場合、出さない場合と
両方取り入れておくほうがいいでしょう。

 

このようにして、覚えるものを最初に決めた
ら、そこから5回繰り返して目を通すことをします。

 

「え、5回も??」

 

と思うかも知れませんが、5回ずつ書きま
しょうと言っているわけではありませんので
そんなに時間はかからないはずです。

 

 

2nd:隠しながら目を通す。

 

続けて、2ndステップです。

 

ここでは、先ほどの1stステップによって
どの程度が覚えられているのかを確認しなが
ら進めていきます。

 

7.覚えた部分を隠して、一通り見直す。
8.覚えられてないものをその場で覚える。
9.7~8を繰り返す。

 

ここは軽くテストをしながら進めていくこと
になります。

 

そして、テスト&覚えなおしの繰り返しを
行っていきます。ちなみにここの繰り返しに
関しては、定められた回数はありません。

 

全て覚えられたな、と自信がつくまでやる、
これが原則です。

 

何度繰り返してもなかなか覚えられないとい
うものに関しては、途中お話したとおり

 

インパクトを持たせる

 

ということを試してみます。
実際にどうやってインパクトを持たせるかは

 

忘れにくくて思い出しやすい7つの記憶法

 

を参考にしてみてください。

 

こうして繰り返しにより覚えられたな、と
思っても実はそこで終わりではありません。

 

覚えられたと感じてから最後に行うのが
3rdステップになります。

 

3rd:テストしてみる。

 

このステップの内容は、

 

10.実際に書いてテスト。

 

です。ここまで覚える段階では全く書いて
いませんでしたが、最後だけは書いて確認の
テストを行います。

 

なぜなら、結局覚えたものが試されるのは
ペーパーのテストだからです。

 

頭の中で暗記が出来ていたとしても、それが
紙に書けなければ点にはつながりません

 

あとは、特に単語のつづりなど、勘違いして
覚えてしまっているようばものは、こうやっ
て書いてみないと気づけないものです。

 

最後にしっかり紙に書くテストをしてみて、
それで全てが書けたら、この暗記法は終了です。

 

 

さて、書かずに覚える暗記法、いかがだったでしょうか?

 

ここまでの流れを全てまとめておくと。

 

<1stステップ>
1.覚えるものを決める。
2.それに一通りさっと目を通す。
3.続けてもう一度目を通す。
4.次は、声に出しながら目を通す。
5.続けてもう一度声を出しながら。
6.声を出さずに再び目を通す。

<2ndステップ>
7.覚えた部分を隠して、一通り見直す。
8.覚えられてないものをその場で覚える。
9.7~8を繰り返す。

<3rdステップ>
10.実際に書いてテスト。

 

というものでしたね。

 

間違って欲しくないのは、

 

書かない=楽をする

 

ではないということです。

 

書かないなら、書かないなりに、何度も繰り
返してしっかりと頭の中にインプットしなけ
ればなりません。

 

そして最後はきちんと確認も行う。これを
やらないと、

 

「あれ、覚えてたつもりなのに・・・」

 

ってことが起こってしまいます。

 

書いても書いても覚えられないという人は
こんな方法も試してみてはいかがでしょうか?

 

 

★記事が少しでも参考になりましたら以下を
ワンクリックお願いします。 更新を続ける励みになります。


人気ブログランキングへ

 

*読むだけで”勉強力”がアップする無料の
メルマガ登録はこちら↓から!

http://katekyo.main.jp/s/mail/

 

*お子さんに定期テストで点を取って欲しい
なら”2つ“のことだけをやらせてください。

http://katekyo.main.jp/s/test/

 

Pocket
LINEで送る

«
»


【同一カテゴリ関連記事】


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ