英単語が覚えられない3つの理由



音読
Pocket
LINEで送る

中学、高校時代に多くの人は

「英単語が覚えられない」

という壁にぶち当たります。

原因はいくつか考えられるのですが、
今回はそのうちの3つに焦点を当てて
考えてみたいと思います。

 

まず英単語が覚えられない理由その1
は、

「覚え方が間違えているから」

です。

これは英単語に限ったことではありま
せんが、何かを暗記するとなった場合
に、それを割りとスムーズに暗記でき
る人と、そうじゃない人に分かれます。

その差は?と聞かれたら、明らかに
覚え方の問題となるわけです。

細かい覚え方、暗記の方法については
これまでの記事で何度となく書いて
来ていますのでそちらを参考にして
欲しいのですが、やはりそういう、

「覚え方の基本」

ができていないため、覚えられないと
いうケースですね。

前回、前々回の記事にも書いたように
ただ何となく回数を書き続けるだけの
覚え方をしている人は要注意です。

 

続けて、英単語が覚えられない理由の
その2は、

「努力が足りない」

ということです。

当たり前なんですが、覚えるまでの努
力ができていなければ覚えられるはず
もありません。

何となく、パッと見て、数回書いて、
覚えられなければもうダメだとあきら
めてしまう。

そんなやり方で覚えられるわけがあり
ません。

 

何となく覚えるのは苦手だと思ってい
る人に多いケースですが、

 

暗記が苦手だと感じている

努力を怠る

結果的に覚えられない

やっぱり暗記は苦手だと思う

以下繰り返し・・・

 

と、どんどん深みにはまっていって
しまいます。

暗記が苦手というのは単に思い込み
でしかありません。

上手な暗記と努力がこれまで出来て
こなかっただけです。

こういう人は、まずいつもよりも努力
してみる、ということにチャレンジす
る必要がありますね。

 

そして英単語が覚えられない理由のそ
の3は、

「発音が意識できていない」

というものです。

英語が苦手という中高校に多いパター
ンですが、単語の発音を知らずに、単
語を覚えようとしている人がいます。

これは最もダメな覚え方です。

 

ネイティブが発音するような正しい音
である必要はありませんが、ある程度
その単語の発音は意識して覚えなけれ
ばなりません。

そもそも読んでも発音できない単語
というのは覚えることができません。

仮にその場では覚えられたとしても、
あくまで「記号」のように記憶されて
いるだけなので、すぐに忘れててしま
います。

 

よく"beautiful”を「ベアウティ…」
と発音しながら覚えている人がいます
が、そんな感じでも別に構いません。

カタカナ読みでも何でもいいので、
とにかく単語は発音をセットで覚える
ことを心がけてください。

もちろん正しい発音、アクセントと
ともに暗記できた方が、テストのとき
に役立つことは言うまでもありません
が。

 

以上、英単語が覚えられない理由3つ
について書いてきました。

「覚え方が間違えている」
「努力が足りない」
「発音が意識できていない」

これらのどれに当てはまるか、自分な
りに考えて、これから覚えるときに
修正をしていってください。

 

★記事が少しでも参考になりましたら
1クリックお願いします!

教育・学校 ブログランキングへ

 

 

Pocket
LINEで送る

«
»


【同一カテゴリ関連記事】


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ